2021年01月15日

令和2年度 震災追悼行事(震災26年)

1 実施日時  令和3年1月15日(金)8時31分〜(校内放送)
2 内  容  ⑴ 放送による追悼の言葉
        ⑵ 20秒間の黙祷
3 追悼の言葉
みなさん、おはようございます。
 「夜明けはいつも美しく希望に満ちていなければならない。平成7年(1995年)1月17日という日は、私たちにとって夜明けはなかった。兵庫県南部を襲った阪神・淡路大震災は、一瞬のうちに私たちから希望の全てを奪い去ってしまった。一番耐えがたかったのは、県下で6,000名を超える方々が犠牲となられ、本校でも2名の生徒を含む卒業生・教職員の家族、合わせて12名のかけがえのない命が失われたことだ。私はその生徒の訃報を2年生の修学旅行団とともに行先不安な帰路についていたバスの中で知った。沈痛な思いの帰路であった。なぜ西宮でその苦しみを共にできなかったのか。悔やんでもどうにもならない自責の思いが心中を何度も往来した。帰ってから、救出に何人もの仲間が加わってくれたことを聞いた。目頭が熱くなった。私にはご冥福を祈ることしかできない。」
 これは、当時の藤井幹雄校長先生のお言葉です。昨年は県下の高校で最も大きな被害を受けた県西の様子や復旧までの苦労を中心にお話をしましたので、本日は亡くなった2名の生徒、当時3年生の福田斉子さんと1年生の秋山高広君を偲んで、当時の関係者の手記をご紹介します。

P1020860.jpg

続きを読む
posted by 県西ブログ at 17:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする