2020年12月17日

冬季文化発表会での展示(美術部・アニメーション部)

 今年度はアニメーション部・美術部ともに、1年次生のみの部員構成で始まっていますが、1年次生部員のフレッシュなアイデアで、とてもステキな展示となっています。
 アニメーション部員はデジタル作品の展示(ポストカードと部誌は配布中!)を、美術部員は夏から挑戦している油絵作品等を展示しています。このほか、合同で製作した看板も、カラフルな布を使ってとってもユニークなものが出来上がりました。そしてなにより…皆さまをお迎えする職員玄関から始まる、なぞの「あしあと」…?!思わずホップステップしたくなるような、遊び心あふれる展示をお楽しみください!
CIMG0772.JPG

CIMG0773.JPG

CIMG0776.JPG

CIMG0774.JPGCIMG0775.JPG

posted by 県西ブログ at 15:05| 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬季文化祭 珠算のデモンストレーション

 ビジネスライセンス部では、冬季文化祭で珠算のデモンストレーションを行いました。珠算チーム3名が、見取暗算、読上暗算、読上算、フラッシュ暗算を披露しました。
 まず、見取暗算では、5桁から9桁20口の加減算を行いました。次に、読上算では、顧問のM先生が読み手となり、6桁から10桁の加減算に、読上暗算は5桁から9桁の加算に挑戦しました。
 最後に、フラッシュ暗算では、1,2年生が3桁、3年生が4桁の問題にチャレンジしました。
 ご見学いただき、ありがとうございました。
P1020698.jpg

P1020703.jpg

P1020709.jpg

P1020711.jpg

P1020712.jpg

posted by 県西ブログ at 09:28| 部活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芦屋特別支援学校とのオンライン交流(作品販売会)

 今回の作品販売会に向けた、およそ3か月に及ぶ芦特生との交流が終わりました。今年は芦特生と対面で交流することは適いませんでしたが、新しい試みであるオンライン交流では、芦特のみんなと画面越しで話したり、とても楽しかったです。個人的には、僕がある日のオンライン交流の日に欠席したときに、芦特生の一人が心配してくれたと聞いて、本当に嬉しかったです。
 そして、待ちに待った作品販売会当日、机や壁には芦特生のみんなが一生懸命作った素晴らしい作品が並んでいて、「これは売れまくるな」と思いました。結果は僕の想像を超えた数の県西生のみんなが作品を見に来てくれて、大盛況でした。作品もたくさん売れ、県西生と芦特生が一丸となった作品販売会は、大成功に終わりました。
 今回の交流を通じて、できることとできないことを互いに補い合って、助け合っていくということがとても大切だと学びました。改めて、交流に参加してよかったと思います。また、来年もこうした交流が続いていってほしいと思います。(2年 U)

☆担当教員からのあとがき☆
 作品販売会の翌日に、今回の交流の感想文を提出しにきてくれたメンバーたちから、「先生、提案があります!」と。何かと聞くと、「昨日の販売会ではゆっくり話もできなかったから、最後にもう1回、オンライン交流をやらせてください!」と。ということでラスト交流、実施します!
 そしてこの交流の流れが、生徒たちの心の中で、大人になってもずっと途切れることなく、社会を変えていく力になることをやみません。
CIMG0728.JPG

CIMG0731.JPG

CIMG0761.JPG

CIMG0765.JPG

posted by 県西ブログ at 09:13| 共生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする