2019年12月03日

西オーストラリア研修報告会

11月27日(水)6時間目、1・2年次生を対象に、トビタテ留学JAPAN日本代表プログラム(文部科学省主催)でニュージーランド研修に参加した1名と、今年で7年目になる本校の西オーストラリア研修に参加した6名の生徒による報告会が開かれました。
トビタテ留学JAPANでは、留学の目的が特に重要になります。夏休みの2週間ニュージーランド北部に位置するケリケリという町に滞在し、実際に現地の高校生に「若者のボランティアに対する意識調査」としてインタビューを行いました。報告会では、その調査結果に加え、研修全体を通して学んだことを発表しました。
また、西オーストラリア研修では、夏休みの2週間、本校生6名、尼崎稲園高校生6名の計12名で、パースに滞在し、ホームステイをしながら現地の高校に通いました。オーストラリアやパース、そして交流しているソーンリー高校の紹介、現地での楽しい経験や苦労話、この研修から学んだことを発表しました。
彼女たちが体験し感じたことを、他の生徒とも共有するよい機会になりました。

P1000899.JPG

P1000901.JPG

posted by 県西ブログ at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする